何首烏を飲んでみた

白髪に効果があるらしい漢方「何首烏(カシュウ)」を試してみました。

sponsored link

台湾で買った何首烏(カシュウ)

先日、台湾旅行に行ってきました!
その時に訪れた漢方街で「何首烏(カシュウ)」を見つけたので、すかさず購入してきました。
色んな店に置いてあったので、台湾では結構ポピュラーな漢方みたいですね。

今回は2種類の何首烏を買ってきました。

▼台湾で買った何首烏(その1)
何首烏(カシュウ)

▼台湾で買った何首烏(その2)
何首烏(カシュウ)

2つとも、何首烏以外に色々な生薬がブレンドされています。
何首烏は薬膳スープに使われたりもする漢方で、肉などの料理と一緒に煮込むもので、薬膳スープの材料として売られていた物です。

でも、私はそのまま煮出して飲みました。
売っていたお店の人も、「それでもOK」って言ってたので。

何首烏を煮出す

何首烏(カシュウ)
(何首烏その1をポットに入れてみました。画像が悪...)

本当は漢方専用のポットを使うのが良いんだけど、持っていないので家庭用のポットを使いました。
保温モードにしておけば、じっくりと漢方成分が抽出されるし、いつでも温かい状態で飲むことが出来ます。
ただし漢方のニオイがポットに移ってしまうので、普段使うポットとは別にした方がいいですよ。

一度漢方を入れてしまったポットは、どんなに洗っても全然ニオイは取れません。
ホントに取れません。強烈です。
また、構造によっては生薬が詰まってしまうこともあるので、自己責任でお願いします。

何首烏(カシュウ)
(何首烏その2は、ティーバッグになっていたので使いやすい。)

ひとつの漢方に対して、だいたい水2リットルくらいを入れました。
どちらも強烈な漢方臭ですが、私は割とこの香りが好きなので心地良いです。

飲んでみた感想

何首烏(カシュウ)

ポットを沸騰させて、さらに何時間か保温したあと濃い色になった頃に飲んでみました。
確か「朝と晩に飲むように」と店の人に言われたので、言われた通り飲んでみました。

味は想像通り、苦い!!です。

とにかく苦いです。
私は、小さい頃から家で漢方を飲んだりしていたので、普通の人よりは慣れているはずだけど、かなり苦く感じました。
漢方に慣れていない人は、蜂蜜とか入れて飲んでも良いかもしれないですね。

漢方は長く続けないと効果がわからないので、今回の何首烏体験では、ハッキリ言って白髪への効果はよくわかりませんでした。
ただ、体調はとても良くなりました。
カラダの芯の温度が上がった感じです。
血行が良くなる事は白髪改善には重要な事なので、長く続ければ良い結果が得られる気がします。

▼簡単に飲める何首烏のお茶もあるみたいです。

それと、何首烏を使った漢方製剤もあります。
「首烏延寿片(シュウエンジュヘン)」と「首烏汁(シュウジュウ)」という名前なので、気になる方はチェックしてみてください。

禁止事項

何首烏を摂取するには、禁止事項があります。

鉄分禁止
何首烏と鉄分を一緒にするとNGです。
なので調理する場合は、鉄鍋を使ってはいけません。
動物の血が混ざるのもダメなので、肉を煮込む場合はしっかりと血抜きをしてから調理します。

他にも、ネギやニンニクを共に食することは禁忌とされています。

副作用は?

何首烏は、サプリメントにもなっているくらい比較的おだやかで、長期連用もできる生薬なのですが、人によっては下痢を起こしてしまう人もいるようです。

私はまったく副作用など感じませんでしたが、個人差があるので、何首烏の服用後に少しでも異変があった場合は、すぐに服用を中止して必要があればお医者さんに行ってくださいね。

何首烏を使った製品

何首烏が配合されたコスメもけっこうあります。
特に韓国コスメの韓方処方製品では、白髪&薄毛予防シャンプーにはだいたい何首烏(韓国語でハスオ)が入っています。

▼何首烏が丸ごと入ったハヌルホスのシャンプー

最近では日本でも、シャンプーやヘアトニックに何首烏成分が配合された製品が増えてきたように感じます。
てことは、やっぱり効き目があるのかな?