ドーシャ診断って、やったことありますか?

アーユルヴェーダでは、人間の体はヴァータ(風)ピッタ(火)カパ(水)という3つのドーシャ(エネルギー)のバランスから成り立っていると考えられていて、人によってドーシャの強弱があるそうなのです。

まあ簡単に言うと、体質みたいな物かな?
で、ピッタが強い人は、白髪になりやすいといわれてるんです。

sponsored link

【ドーシャ診断】まずは自分の体質をチェック

今まで何度か「ドーシャ診断」をした事があるんだけど、その時々で結果は微妙に違ってました。
でも、だいたいピッタが多いっていう結果でした。
実はドーシャには、複合タイプみたいなのもあるらしいので、単純には診断出来ないんだと思うんだけど、毎回ピッタが多いという事はピッタ強めの体質なんだと思います。

コチラのサイトで診断できます。
アーユルヴェーダの体質チェック

今回、この記事を書くにあたって診断してみたら、やっぱりピッタが1番多かったです。

▼私の結果

この結果だと、どのドーシャも割と均等に当てはまってますね。
でも、やっぱり若干ピッタが多い感じです。

確かに私は体温が高いし、体に熱が溜まりやすいし、冬でも半袖で過ごすアホな小学生タイプなので、火のエネルギーであるピッタが多いというのは納得がいきます。

ピッタ体質は白髪が多い


ピッタの特徴は、白髪体質とのことです。
おまけにピッタ体質は、「髪質は細くやわらかい。若白髪、若ハゲになる傾向もある。」と書かれています。


若ハゲって・・・

こうしたピッタの特徴を改善するには、ピッタ(火)のエネルギーを抑えなくてはならないようです。
具体的には、ピッタ体質は体に熱が溜まりやすいので、熱を溜めない様な生活や食生活を心がける。

ピッタタイプの白髪対策

まずは、出来るだけピッタを強くしない食生活をすることが重要です。

ピッタタイプが控えた方がいい食事は、
・酒
・ヨーグルト
・香辛料
・塩辛いもの
・酸っぱいもの
・辛いもの
・揚げ物
・胡麻
・赤身の肉

などです。

逆にピッタタイプに向いている食べ物は、
・消化に良いもの
・甘いもの
・苦いもの
・渋いもの
・生野菜
・果物

などです。


私は完全に、控えたい食事の方が好きです。
ピッタ体質には辛いものなどの刺激物はNGなんだけど、私は極度の辛党で唐辛子無しでは生きていけないんですよね(T_T)
酒と塩辛も大好物なんだけど、これもダメだ。
でも、体に熱を溜めない様にするには、刺激物を我慢しないとダメなんですね〜...(無理なんだけど)

あと、ピッタタイプに向いているヘアケアは、ヘナです!

私が白髪染めで使っているヘナには、体を冷やす作用があるので、ピッタタイプの白髪には非常に有効みたいです。
特に夏場の熱さで頭がクラクラしている時にヘナをすると、頭がスッキリするので、頭に溜まった熱を取ってくれてるのかな。

その他、インドのハーブには熱を冷ます効果がある物が多いので(暑い国のハーブだからね)ピッタの白髪ケアにはピッタリみたいです。

インドハーブといっても、一般的にあまり知られていないのでよく分からない人が多いでしょう。
という事で、ここらでインドハーブを紹介してみたいと思います!

白髪ケアに使えるインドハーブ一覧

インドハーブは、ネット通販で探せば大抵のインドハーブを買うことが出来ます。
ヘナにインドハーブが配合されている商品も意外と多いので、ヘナを使った事のある人は、知らず知らずにインドハーブを使っているかもしれません。

以下、シャナーズ・フセイン著「ハーブ美容法・インド三千年の秘伝」を参考にしました


アムラ(Amla)
古くからインドなどでは、育毛や頭皮の感染症の治療に使われています。
実からとれるオイルは、髪を黒く艶やかにします。
乾燥した髪の表面を潤し、髪を強くし、発育を助けてくれるハーブです。
老化を防ぐ働きにも優れているそうです。

髪にコシも出るアムラは、私の1番お気に入りハーブです^^

【関連記事】
インドで古くから使われてるヘアケアハーブ「アムラ」の育毛効果


ゲンダ(Genda)
英名マリーゴールド。
育毛を促進、髪に艶を与えるのに有効。
髪の毛の艶は白髪を目立ちにくくします。


チャディラ(Chhadila)
ウメノキゴケ。
殺菌作用があり、ペースト状にしたものは髪の成長促進に使用する。


ニーム(Neem)
殺菌効果があり、頭皮と肌の感染症などに有効。
髪を健康で美しくする効果がある。


リタ(Reetha)
ムクロジの実。
果実には強い洗浄効果があり、育毛を促進する。


シカカイ(Shikakai)
さやからのエキスは髪を清潔にし、成長促進させるとともにフケを取り除く効果もある。
おだやかな洗浄効果があるので、髪の毛を洗う事もできる。


ブラーミ(Brahmi)
育毛を促進するほか、あらゆるヘアケアに用いられる。
発汗作用により、抜け毛の防止にも役立つといわれています。

【関連記事】
【女性の薄毛対策】育毛効果のあるインドハーブ12種類

インドハーブの使い方

ヘナをする人なら、インドハーブの粉をヘナに混ぜて使うのが1番簡単です。
ヘナをしない人なら、リンス代わりに使うのがいいんじゃないかな?

インドハーブリンスのやり方
好みのハーブ粉を適量(大さじ1程度)洗面器にブァーっと入れて、そこにお湯をブァーッと入れて混ぜます。
それをシャンプー後に頭からかぶって、頭皮に擦り込みます。
髪の毛のリンスというよりも、頭皮をトリートメントする感じで使います。
(ハーブを煮出したりする方法もあるのですが、その辺はネットで調べてね。)

その他、インドハーブをシャンプーとして使うことも出来ます。(2ちゃんではハブシャンと呼ばれてるやつ)
私も以前は、ハブシャンしてたんだけど...面倒臭いんで今はやってません。

ピッタタイプのヘアケア方法

ピッタタイプは、カッとなりやすいみたいです。
う〜ん、確かに一瞬で沸騰するみたいにカッとなることがあるなぁ(危ない)。
そんなカッとなりやすいピッタタイプは、とにかくリラックスして落ち着く事を心がけるようにします。

ヘナ染めや、インドハーブリンスは、冷却効果と共にリラックス効果も期待できるので、ピッタタイプには向いているみたいです。

インドハーブよりも手軽に、市販のオイルを使って頭皮のオイルマッサージなんかもいいみたいです。
私はお風呂上がりに、生活の木で買ったアーユルヴェーダのオイルを使って頭皮マッサージしています。

スカルプケア パンチャカルマオイル

このスカルプ用トリートメントオイルは、サラッとしたオイルで、使い心地は非常にいいんだけど...若干カレーの香りがします(笑)
生活の木で買う時に、店員さんにも「カレーっぽい香りがするので好き嫌いがあるかも...」と言われましたが、確かにカレーっぽい香りを感じます。
クミンかな?

なおピッタタイプには、ココナッツオイルを使ったケアも合っているようです。