普通は年を取ると白髪が増えてくるんだけど、まだ10代のうちから白髪が出てくる人も結構いるんですよね。
いわゆる若白髪って言われてるやつです。

関連記事 >>> 【若白髪の原因】白髪の若年化が進んでる?!

特に思春期の学生さんの若白髪は、大人の様に白髪染めするのは抵抗があるし・・・どうしたら良いんだか分からなくて対策に悩んじゃいますよね。

sponsored link

若白髪の原因は不明なのです

若白髪の困った点は、とにかく原因不明なところです。
加齢によって増えて来る白髪とは違って、若白髪の原因はとにかく不明な点が多い。
「食事や生活スタイルが欧米化してきた」「昔よりもストレスが増加している」ことなんかが原因じゃないかとも言われていますが・・やっぱり、ハッキリとした原因は不明。

だから、若白髪を減らす方法もコレがいい!とは断定出来ないんです。
原因は不明ですが、最低限の「規則正しい生活習慣」「バランスの取れた食事」を心がける様にして、出来るだけ白髪の事で悩まない様にしましょう。


それが出来れば、こんなブログ読んでませんが。

悩むなって言っても、無理だとは思うけど悩み過ぎる事が白髪を増やす原因になったりもするんですよ・・
1〜2本の白髪なら、染めるとかよりも、こまめに根元から切るのがいいんだけど、「どうしても人の目が気になる!!」って言うんなら、やっぱり染めちゃうのが1番いいですね。
染めちゃえば悩む事も減るし。

白髪はトリートメントで染めよう

若白髪を染めるには、トリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。

本当は天然染料のヘナで染めるのをすすめたいんだけど・・・
ヘナを使った白髪染めは、「時間がかかる」「面倒臭い」「独特のニオイもある」ということで、学生さんにはちょっと辛いかなと思います。
何よりも、白髪をヘナで染めた部分は赤くなるので、目立つし校則に引っかかっちゃう可能性もあります。
ヘナと一緒にインディゴという青みのある天然染料が配合されている物なら、問題ないんだけど、どっちにしても、「時間がかかる」「面倒臭い」「独特のニオイもある」のは一緒です。

でももし、お母さんがヘナを使っていたり、ヘナの扱いに慣れているんなら、是非ヘナ(&インディゴ)で染めてもらって下さい。
色落ちもしないし、本当はこれが1番おすすめ。(安物のヘナは色落ちするけど)

ヘナよりもお手軽に白髪を染められるのが、毎日のシャンプー後に使うだけで白髪が染まっていくトリートメントタイプの白髪染めです。
シャンプーの後にトリートメントをするだけで徐々に白髪が染まっていくので、学生さんでも簡単に扱えます。

色々なメーカーから白髪染めトリートメントが販売されていますが、出来れば1本3,000円くらいのトリートメントがいいですね。
ドラッグストアなどにも1,000円代の安い物が売られているけど・・・染まりが悪かったり、成分も良く無かったり、何よりも色落ちが激しい商品もあるので要注意です。

>>> ダメージ0のルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント

ルプルプの場合、トリートメント1本で1ヶ月くらい持ちます。
ということは、毎月3,000円の出費ですね・・
学生さんにとって、月に3,000円の出費はちょっと厳しいかな??

トリートメントじゃなくて通常の白髪染めは、ドラッグストアなどで1,000円以下でも売られていますが・・
間違っても、化学染料の白髪染め系は使わない方がいいですよ!!
白髪染めは繰り返し行わなければならないので、若い頃から白髪染めをすると、頭皮や髪の毛に相当なダメージが蓄積されていきます。
せっかくのピチピチ頭皮&髪の毛を痛めつける事になるので、そういった白髪染めは大人になってから考えた方がいいでしょう。

あと、通常の白髪染めは、白髪が伸びてきた時に白髪が凄く目立つので、黒髪をキープするのが大変です。

白髪染めトリートメントの色落ちについて

1番気になるのが色落ちですよね。
学生さんは体育の授業や、部活動で汗をかく機会が多いので、汗と一緒に白髪染めが色落ちしちゃうのが心配(><)

白髪染めトリートメントでの色落ちに関しては、商品によって差があると思うけど、そこまで気にする必要はないと思います。
私が今まで使ってみた白髪染めトリートメントは、今のところ「ルプルプ・レフィーネ・ピュアリッチパーフェクト・ふんわり仕上がるカラートリートメント・ダイソーのカラートリートメント」の5種類です。

この中の「ふんわり仕上がるカラートリートメント」は、ドラッグストアで買った安物で、色落ちが激しかったです。
とは言え、髪の毛を拭いたタオルに色がついた程度で、普段の生活をしている限りは色落ちなどありませんでした。(ただ、汗をかく様な事も無かったので、もしかしたら大量の汗をかいたときは色落ちしちゃうかも)

残りの4つは、全く色落ちなどありませんでした。
特にルプルプやレフィーネに関しては、すすぎの段階で完全に色が出なくなったので、色落ちの心配は少ないんじゃないかと思います。

実は私が中高生くらいの頃は、(白髪染め用では無い)カラートリートメントが流行ったんですよ。
カラーリングやブリーチは校則で禁止されているけど、カラートリートメントなら徐々に髪色が変わっていくのでバレにくかったんですよね^^
髪色が変わっていくとは言え、黒髪にコーティングする感じでカラーを入れていくだけなので、そこまで派手な色にもなりません。
ツヤも出るので、光に当たると反射して少し茶色っぽく見えるかな?くらいの可愛いトリートメントでした。
懐かしいなぁ〜
で、私も学生時代に、カラートリートメントを使ったりしていましたが、汗をかいて色が落ちてくる事はありませんでした。
白髪染めのカラートリートメントも同じ様な仕組みの商品だと思うので、それほど色落ちはしないんじゃないかな??
ただし、通常の体育の授業くらいでは全然色落ちしませんでしたが、運動部などで激しい運動をする場合は、わかりません。