meals

白髪の原因は、遺伝要素や生活習慣など様々な原因が考えられるのですが、食生活のバランスも大きな要因です。

髪の毛の主成分はたんぱく質なので、キレイな髪の毛を作るには特にたんぱく質が非常に重要です。
しかし、たんぱく質だけ摂ればいいというものでもありません。


自分の食生活に足りない物は何かを知って、全体のバランスの良い食生活を心がけましょう。

sponsored link

白髪&抜け毛の予防に効果のある食品

白髪に限らず、抜け毛や薄毛にも効果が期待できる栄養素は、
たんぱく質・亜鉛・銅・セレニウム(セレン)・鉄分・カルシウム・アルカリ性食品・ビタミンA・ビタミンB・ビタミンE
などです。

たんぱく質の含まれる食品
肉類、大豆食品

亜鉛の含まれる食品
牡蠣、うなぎ、牛肉、チーズ、大豆

銅の含まれる食品
胡麻、干しえび、レバー

セレニウム(セレン)の含まれる食品
卵、小麦粉、ひまわりのタネ、アンコウの胆

鉄分の含まれる食品
レバー、ほうれん草、プルーン

カルシウムの含まれる食品
小魚、牛乳、胡麻

アルカリ性食品
インゲン、ほうれん草、しいたけ等

ビタミンA(※摂り過ぎ注意)の含まれる食品
レバー、あんこう・うなぎの胆

ビタミンBの含まれる食品
レバー、玄米、しじみ

ビタミンEの含まれる食品
黒ごま、植物油、アーモンド

たんぱく質の白髪防止効果

白髪を防ぐにはチロシンを含む良質なたんぱく質(アミノ酸)が良いと言われてます。

具体的には・・
毎日の食事に加えて55~70グラムのたんぱく質を毎日継続して摂ること。
(そのうち三分の一は硫黄を含んだアミノ酸の多い動物性のもの、あるいは大豆製品が良い)

白身魚
皮なしの鶏モモ肉
牛や豚のヒレ肉
豆腐
味噌

まずは栄養バランスのとれた食事を心がけ、それに加えてたんぱく質を意識する様にします。

白髪の原因「酸化食」と白髪改善の「還元食」

食べ物には体を酸化させる「酸化食」と、逆に体をアルカリ性にする「還元食」があります。
酸化させるということは、体が老化していくことです。


白髪は老化現象なので、この「還元食」を中心に食べる様にすれば、進行を遅らせる事ができます!!

白髪に良く無い「酸化食」とは!?

具体的に「酸化食」というのは、肉や油などです。

特に気をつけたいのは「油」で、加熱された油は血管の中に過酸化脂質をつくりやすいので、体を酸化させやすくします。
油を使った料理はできるだけ控える様にして、調理で使用するものはオリーブオイルなどの良質な油にしましょう。

また、加工食品などで「酸化防止剤」が使われているものも要注意です。
酸化防止剤が使われている食品は、元々酸化しやすく酸化によって変質しやすい商品であることを示しています。
ハムやソーセージ等が代表的です。
(また、加工食品を取り過ぎはガンの原因になるとも言われています。)

油を使った料理
揚げ物(フライドチキン、フライドポテト)、天ぷら、とんかつ等
酸化防止剤が含まれる食品
ハムやソーセージ等

白髪の予防には「還元食」が良い

henna3

体をアルカリ性にする「還元食」は野菜や海草類、玄米や全粒粉などの精製していない穀類などです。

野菜ではニンジンやほうれん草、かぼちゃ、小松菜などの緑黄食野菜です。
その他には大豆やごぼうなど、海藻類では昆布やひじき、わかめなどに高いアルカリ化の効果が認められています。