白髪はもちろん、抜け毛などの原因にもなりかねない、習慣を紹介します。

  • 睡眠不足
  • バランスの悪い食事
  • タバコ
  • 運動不足
  • ストレス


まあ、どれも、当然の事だよね。

sponsored link

睡眠不足


人間のカラダは、一定のリズムで1番調子良く活動できます。

寝る時間がバラバラだったり睡眠不足だったりすると、きちんと成長ホルモンが分泌されずに正常な髪の毛が作られなくなってしまいます。
成長ホルモン不足は白髪の原因にもなるので、きちんとした睡眠をとる事は重要なんです。

また、食事を取る時間も出来るだけ毎日同じ時間に摂れる様にしましょう。

バランスの悪い食事

白髪の予防に効果のある食品を意識して摂る事も重要ですが、それ以前に食事全体のバランスを整えるのが重要です。
特に、「たんぱく質不足」と「脂肪分の過剰摂取」は白髪の大敵。

【参考記事】
>>> 白髪対策・薄毛予防など髪の毛に良い食べ物

ストレス

ストレスは毛髪にとって最大の敵です!!

白髪の原因は髪の毛を作る色素(メラニン)が足りなくなる事なのですが、ストレスが原因でこのメラニンを作る機能が弱ってしまうのです。
また、ストレスは自律神経の乱れの原因にもなります。
自律神経が乱れると、カラダの色々なところに不調が出て来て、結果的に白髪が増えてしまったりもするんです。

ストレスを溜めないようにするのが1番いいんだけど、そんなの中々難しいよね・・
なので、ストレスを溜めない様にするのではなく、


自分なりのストレス解消法を見つけて、ストレスを溜めない習慣をつけるのがポイントです。

私の友人に、仕事のストレスで一気に髪の毛が真っ白になってしまった人がいるのですが、会社をやめてしばらくしたら、なんと髪の毛の色が黒く戻っていた事があるんです。
それくらいストレスの影響って強いんだなと思います。

【参考記事】
>>> ショックな事があると一気に白髪になる?!マリーアントワネットの噂

タバコ

タバコ

喫煙が白髪の原因になるのは、結構有名です。
タバコに含まれるニコチンに血管を収縮する作用があるので、血液の流れが悪くなり、メラニンを作る機能が低下するからです。
血流が悪くなるだけではなく、タバコを吸う事で体内が酸欠状態となり、メラニンを作る機能に酸素がいかなくなることによっても白髪の原因になるようです。

タバコの場合は、自分が吸わなくても身近な人が喫煙者なら副流煙で同じ様に白髪にダメージがあるので、要注意!!

運動不足

運動不足も、血行不良の原因になります。
運動をすることによって、良質な睡眠・ストレス解消などにもつながり、結果として規則正しい生活につながっていきます。
適度な運動はストレス解消にもなるので、普段から歩く事を心がける等して、少しでも体を動かす様に心がけましょう!!


これらの生活習慣は頭皮の血行に関係しているものが多いので、生活の改善に合わせて頭皮のマッサージなどを行うとイイですよ。

【参考記事】
>>> 頭皮マッサージで髪と頭皮の老化予防