抜け毛や白髪を予防や改善をしてくれると言われているビオチンという成分について調べてみました。
ホントに白髪改善効果あるんかいな。

sponsored link

ビオチンって何なの?

ビオチンはビタミンB群の一つ(ビタミンB7)で、主に皮膚の病気を治す効果などがあります。
皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素ですね。
で、このビオチンが欠乏すると抜け毛や白髪が増えるとも言われています。

ビオチンは水溶性のビタミンなので、体内で蓄えておくことができません。
そして、すぐに体から排出されてしまいます。ビタミンCみたいな感じかな?

ビオチンの一日の目安量は、成人で45μgと言われています。
これがどのくらいの量なのか・・?私には良くわかりませんが、普通の食生活をしていれば、欠乏することは無いと言われています。

ビオチンが多く含まれる食品

元々ビオチンは、卵黄の中にあるのを発見されました!
ということで、ビオチンは当然卵黄に多く含まれています。


う〜ん。そうは言っても、卵の黄身だけ食べる機会なんてそんなに無いしなぁ・・ゆで卵でも食べておけばいいのかな?

ただし!!
卵の黄身にはビオチンが多く含まれているけど、卵白にはアビジンという糖タンパクが含まれているんですね。
このアビジンってやつは、ビオチンと結合してしまい、ビオチンが他の働きをすることが出来なくなっちゃうそうです。
だから、卵白の食べ過ぎはビオチン不足になってしまったりもする。(そんなに食べ過ぎなければ大丈夫らしいけど)

ビオチンは、卵黄以外にもレバー・ピーナッツなどに多く含まれています。
だから、食べ物からビオチンを摂取したいと思ったら、卵ではなく、ピーナッツやレバーあたりで摂取するのが無難なのかな。

でも実は、卵白だけではなく、乳製品や一部の発酵食品、カフェイン、タバコ、アルコール類もビオチンを消耗させてしまうらしい・・
健康食品のキング「発酵食品」もダメって・・・ビオチンって繊細な奴なんですね。

あとは、ストレスも良く無いみたい・・って、なんかこれ白髪の原因にも通じるなぁ。

普段の食事をキチンととっていれば、ビオチン不足になることは無いみたいなんで、そこまで気にしなくてもいいんだけど、「美容のため・・ていうか、髪の毛の為にビオチンはしっかりと摂取死したいわぁ〜」って人は、サプリメントですね。
それが1番確実。

ビオチン配合のサプリメント >>> 医者が選ぶ【白髪対策サプリメント】

ビオチン配合のシャンプーは良かった

↓すんません、ヘマチンと勘違いしてました(追記)↓

私はビオチン入りのシャンプーを使ったことがあるのですが、すんごい良かった記憶があります。
あれは20代後半の頃。
美容室でカラーリングをした時に「カラーを退色させない効果があるシャンプー」を勧められて、それがビオチン配合の物だったんですよ。
そのとき丁度「髪の毛が細くなってきたんですよ・・白髪も増えてきたし・・」という様な相談をしていたので「カラーが長持ちっていう効果もあるけど、ビオチンって言う成分は○○さん(私)のお悩みに合ってるかもしれません。」って言われたんで飛びついたんです。
たしか「ビオチンは血液に入っている成分」って言われたと思うんだけどな。
ビオチンが足りなくなると白髪になるとかも言われた。

で、そのシャンプー・・名前とかはすっかり忘れちゃったんだけど、凄く効果が高かったんですよ。
高かったんだけど、それだけの価値があった。
カラーリングって日が経つと、どんどん色褪せてきてパサついた感じに見えるじゃないですか?
それが、全然濃い色のままでツヤツヤしていた。

美容室を変えてから買わなくなっちゃったけど、あのシャンプーで髪の毛を洗い続けていたら、今もツヤッツヤだったのかなぁ・・

↑すんません、ヘマチンと勘違いしてました(追記)↑

これ、ヘマチンシャンプーの事でした。
>>> ヘマチンの白髪改善効果