白髪がチラホラと出てきたんだけど、染める程ではない場合って、どうしてます?
普通は抜いてしまいますよね?


でも、抜くのは良くありません!!

白髪を抜くんだったら、根元から切ってしまう方が断然良いです。
抜いても切っても、次に生えてくる毛は白髪ですが、抜くのは良くないので切る様にしましょう。

【参考記事】
>>> 抜くと、増える?!白髪は抜かない方が良い?!

sponsored link

白髪染め以外の5つの白髪対策


染める程ではないけど気になる白髪はどうすればいいの!?


【その1】切る
先ほどの通り、白髪を根元から切る。
これが1番簡単かな。


【その2】ヘアマスカラ
マスカラタイプの白髪染めを使って、気になる部分にだけ使用する。
あまり白髪の量が多くなると、マスカラタイプでは対応が難しくなりますが、少量の場合は持ち運びもできるのでおススメです。


【その3】カラーリング
普通のカラーリングをする。
白髪染めではなく、普通のカラーリングでも少量の白髪なら目立たなくなります。
また、黒髪よりも明るい髪の毛の方が白髪は目立ちにくいです。


【その4】トリートメント
トリートメントを入念にする。
髪にツヤがあると、それだけで白髪が目立ちにくくなります。
逆にパサついた髪だと、白髪がハッキリと見えてしまいます・・。


【その5】美容師さんに頼る
目立たない様に美容室でカットしてもらう。
美容師さんに相談して、目立ちにくい様にカットしてもらう。
もしくは、アレンジ方法を教えてもらうのもいいでしょう。

初めの1本を見つけた時のショックと言ったら・・


初めて白髪を見つけた時のショックは忘れられません。
最初は、たった1本の白髪を見つけただけで大ショックでした・・。

でも、今思えばたいしたこと無かったと思います。
だって、人間の髪の毛って平均10万本あるって言われてるんですよ!?
10万本のうちの、たった1本の白髪だと思えば、どうってことないよね。
だから、多少の白髪くらいではショックを受ける必要ありません!!
それに、個人差はあっても、だいたいみんな白髪が出て来るんです。


そんなに気にしなくても大丈夫!

で、
どうしても気になるなら、抜かずに上記の方法を試してみる。

もしくは、髪の毛を明るくする予定がないなら、ヘナをしてみるのが1番おすすめ。
ヘナはトリートメント効果を狙って使う人もいるから「白髪染めをしている」って思わずに使用出来るしね。
トリートメントついでに、白髪も染まってたって感じですよ。

※髪の毛を明るくしている人は、ヘナをするとブリーチ(脱色)するのが難しくなるので要注意。
【参考記事】
>>> ヘナ染めした髪を明るくしたい場合
>>> ヘナに脱色能力は無いので、黒髪は明るくならない