oil

「白ごま油」って知ってますか?

「白ごま油」はインドのアーユルヴェーダでも使われている油で、通常のごま油とは違って無色透明で、ごま油独特の香りは一切無い無香料の油です。
生の胡麻を搾った油のことを「太白ごま油」といいます。
通常のごま油よりは少し高いけど、日本でも売られています。

この「白ごま油」を使ったうがいで白髪が減るというらしいのです。

料理に使用しても、マッサージに使用しても効果はあるのですが、一番効果が期待できるのがうがいだそうです。
口から体内の毒素をまとめてデトックスさせて、口やのどの粘膜を白ごま油の力で免疫力アップさせて体が若返ろうとする力を充実させます。

sponsored link

白ごま油うがいのやり方

【うがい用の白ごま油の作り方】

1.小鍋で白ごま油を弱火で温めます。
2.90度になったら火を止めます。
3.火からおろして、冷まします。

粗熱がとれたら容器に移して、常温で保存します。
(2ヶ月以内に使い切りましょう)

【使用方法】

おおさじ1杯の油を口に含みます。

1.ガラガラとのどでうがいをします。(30秒間)
2.口の中でクチュクチュします。(口の汚れを洗うイメージ)
3.ティッシュに捨てる。水等ですすがないのがポイント。

白髪に効果のあるうがい法のポイント

このうがいを行う最適な時間があります。

朝の6~10時と夕方の16~18時です。

この時間は、アーユルヴェーダでは火(ピッタ)が弱まる時間帯なんだそうです。
逆に昼間の10〜15時の時間帯は避けるようにしましょう。