kanpo

腎と肝を強くして、白髪をツヤツヤの黒髪にすると言われている漢方があります。
何首烏(カシュウ)という生薬です。

烏(からす)という漢字が使われているのが、いかにも白髪に効きそうな感じっすね・・。

sponsored link

何首烏(カシュウ)とは


画像引用元:Forum Acta Plantarum

日本ではツルドクダミと呼ばれているタデ科のつる性多年草です。
中国だけでなく、日本や韓国にも自生している植物です。
名前の通り、葉っぱがドクダミみたい・・ですが、あの独特な臭いはないそうです。

で、白髪に効くと言われているのは、ツルドクダミの根っこの部分です。
カラスの様に髪を黒くする作用があることから何首烏(カシュウ)と呼ばれています。

昔、中国で白髪のおじいさんが庭から掘り出した根っこ(何首烏)を食べてみた所、白髪が烏(カラス)の様に黒くなり体も健康になったという伝説(?)があるようです。

▼何首烏のサプリメントもあります。

何首烏(カシュウ)の副作用は?

漢方は安全なイメージがあるけど、副作用が出ない訳ではありません!!
何首烏はサプリメントにもなっているくらいの比較的おだやかな生薬で長期連用できる漢方ですが・・・


人によっては下痢を起こしてしまう人もいるようです。
その他、服用後に少しでも異変があった場合は、何首烏(カシュウ)の飲用を中止して、場合によってはお医者さんに行ってね。

私は、この何首烏(カシュウ)を実際に飲んでみた事があります。
>>> 白髪改善の漢方薬「何首烏」を体験

サプリではなく、何首烏(カシュウ)を煮出して飲んだので、


とっても苦かった!!
けど、体調は良くなりました。
続ければ白髪にも効果がありそうな苦さでした。
また、副作用はまったく何も感じませんでした。(私の個人的感想です。)

何首烏を使った製品

この頃、よく何首烏の配合された製品を見かける様になりました。
特に韓国コスメの漢方処方(韓方と言うらしい)の白髪&薄毛予防シャンプーには、だいたい何首烏(韓国語でハスオ)が入っています。

▼何首烏が丸ごと入った韓国のシャンプー

最近では日本でも、シャンプーやヘアトニックに何首烏成分が配合された物も出てきました。
外用にも効くのかは、試した事無いので何とも言えないけど、何となく良さそうな感じはするなぁ・・(漢方とかハーブとか好きなので惹かれる)

あと、何首烏は薬膳スープに使われたりもする漢方です。
これは効きそうだ!!マズそうだけど。
ちなみに、何首烏を調理する場合は、鉄鍋は使っちゃダメです。
鉄分を加えるのがNGみたいで、動物の血が混ざるのもダメみたいです。
他にも、ネギやニンニクを共に食することは禁忌とされています。

それと、何首烏を使った漢方製剤もあります。
「首烏延寿片(シュウエンジュヘン)」と「首烏汁(シュウジュウ)」という名前なので、気になる方はチェックしてみてね。