まだ、あまり日本では知られていませんが、インドには髪の毛に良いハーブがたくさんあります。
ヘナもインドで良く使われているインドハーブの1つで、ヘナ自体にも抜け毛を予防し、育毛促進剤があるといわれています。

そんなヘナと一緒に配合されている、白髪改善や育毛効果の高いインドハーブを7つ紹介します。
市販の白髪染めは続ければ続ける程、頭皮も髪の毛も傷んでいく物ですが、インドハーブの含まれたヘナで白髪染めは、続ける程に髪の毛と頭皮のケアにもなります。

シャナーズ・フセイン著「ハーブ美容法・インド三千年の秘伝」を参考にしました

sponsored link

白髪・抜け毛に良いインドハーブ

特に白髪改善の期待が出来るハーブはアムラかな、と思います。

アムラ(Amla)
古くからインドなどでは、育毛や頭皮の感染症の治療に使われている。
実からとれるオイルは、髪を黒く艶やかにします。
乾燥した髪の表面を潤し、髪を強くし、発育を助けてくれるハーブです。
老化を防ぐ働きにも優れているそうです。
髪にコシも出るアムラは、私の1番お気に入りハーブです^^

PR ▶︎アムラで毎日を健康に。アムラ専門通販サイト【アムラライフ】

【参考記事】アムラについての詳しい記事(別ブログ)
>>> インドで古くから使われてるヘアケアハーブ「アムラ」の育毛効果

ゲンダ(Genda)
英名マリーゴールド。
育毛を促進、髪に艶を与えるのに有効。
髪の毛の艶は白髪を目立ちにくくします。

チャディラ(Chhadila)
ウメノキゴケ。
殺菌作用があり、ペースト状にしたものは髪の成長促進に使用する。

ニーム(Neem)
殺菌効果があり、頭皮と肌の感染症などに有効。
髪を健康で美しくする効果がある。

リーサ、もしくはリタ(Reetha)
ムクロジの実。
果実には強い洗浄効果があり、育毛を促進する。

シカカイ(Shikakai)
さやからのエキスは髪を清潔にし、成長促進させるとともにフケを取り除く効果もある。
おだやかな洗浄効果があるので、髪の毛を洗う事もできる。

ブラーミ(Brahmi)
育毛を促進するほか、あらゆるヘアケアに用いられる。
発汗作用により、抜け毛の防止にも役立つといわれています。

【参考記事】(別ブログです)
>>> 【女性の薄毛対策】育毛効果のあるインドハーブ12種類

インドハーブの使い方

インドのハーブは珍しい!!とはいえ、今は通販とかで探せば大抵のハーブが買えます。
もしくは、ヘナにインドハーブが配合されている商品も意外と多いので、ヘナを使った事のある人は知らず知らずにインドハーブを使っているかもしれません。
(ダイソーのヘナ(ブラウンの方)にもインディゴ、アムラ、リタ、シカカイが配合されている。)

てことで、ヘナをする人なら、ヘナに混ぜて使うのが1番簡単です。

ヘナをしないと人なら、


リンス代わりに使うのがおすすめ!

インドハーブでシャンプーとかも出来るし(2ちゃんではハブシャンと呼ばれてるやつ)、私も一時期はハーブシャンプーしてたんだけど、ちょっと面倒臭い・・
でも、髪の毛や頭皮に良い事は実感しているので、私はインドハーブをリンス代わりに使っています。
(ハブシャンが気になる人はネットで調べてね。)

好みのインドハーブ粉を、適当に(大さじ1くらい)洗面器にブァーっと出して、そこにお湯をブァーッと入れて溶かす。
で、それをシャンプー後に頭からかぶって、頭皮に擦り込みます。
髪の毛のリンスっていうよりも、頭皮をトリートメントする感じです。
(もっち、きちんとやりたい人は、ハーブを煮出したりするのですが、その辺もネットで調べてね。)


スッキリ!!

これだけでも、頭皮がスッキリとしてキモチイです。
インドハーブ使ってみてね。