生姜トニックは、生姜の刺激効果で頭皮の血行を良くし、白髪の改善や育毛にも効果があると言われています。

どっちかっていうと、育毛・発毛効果を期待して試す人が多いみたいですが、白髪にも効果があるらしい。
血行促進効果があるから、ストレスや喫煙等で頭皮の結構が悪くなっている人には特にオススメ。

生姜成分の入った育毛剤も売られてるけど、どれも高いので・・市販の高級育毛剤に手を出す前に、まずは手作り生姜トニックを試してみて下さい。
簡単に手作り出来るし、なんたって安い!!(作り置きはできませんが。)

sponsored link

「生の生姜」と「加熱した生姜」の違い

gingertea
↑生姜紅茶って流行ったよね。便秘に効くとかで。

生姜は漢方の世界でも「万能薬」と呼ばれていて、色々な漢方薬に配合されています。
(例えば風邪の時に飲むと体がポカポカになる漢方薬「葛根湯」にも生姜が含まれてる。)

生姜にはカラダを温める作用があるということで知られていますが、それは生姜に含まれる成分が血管を拡張させて血行を促進してくれるからです。

実は、生姜は「生の状態」の時と「加熱、又は乾燥させた状態」の時では成分が違うんです。

生の生姜にはジンゲロールという成分が含まれています。
ジンゲロールを摂取すると、手や足の指先が一瞬暖かくはなるのですが、カラダの芯の部分は逆に冷えてしまうのです。

このジンゲロールは、生姜を加熱した時や、乾燥させた時にショウガオールという成分に変化します。
ショウガオールはカラダの芯から温めてくれる成分なので、生姜を使用する時は加熱もしくは乾燥させた物を使うようにします。
ちなみに、漢方薬に含まれている生姜も、乾燥しているものです。

生姜トニックの作り方


1、ショウガひとかけを良く洗って、皮付きのまま薄切りにします。

2、約1日乾燥させます。


3、水500ミリリットルに乾燥した生姜をひとつまみ入れて、半量になるまで煮詰めます。

4、完全に冷まします。


5、冷ました生姜汁と市販の消毒用アルコール(エタノール)を1対1の割合で混ぜ合わせてできあがりです。

【使い方】

洗髪後の清潔な頭皮にスプレーして、一緒に頭皮マッサージもしてみてください。
生姜は刺激が強すぎることもあるので、最初は少量から試してみて下さいね。

頭皮マッサージをするなら、白髪に効くツボを刺激するのがオススメ。
>>>中国で発見された白髪に効くツボ


作ったら早めに使い切る様にして、保存は冷蔵庫でしてくださいね!!

冷蔵庫で保存して、だいたい1週間くらいかな。
口に入れる物じゃないから、そこまで神経質にならなくても良いとは思うけど・・

【使ってみた感想】
生姜&エタノールは、私にはかなり刺激的な使い心地でした。
慣れれば気持ち良いい。

ただ、作るのは簡単なんだけど、1週間に1回作るっていうのが面倒くさいので、1度作って以来は作ってません。
市販の生姜成分配合の育毛スプレーよりも生姜効果がストレートに伝わってくる気がする。(市販の使った事無いから比べようが無いんだけど)

生姜トニックだけではなく、食事にも積極的に生姜を取り入れて、常に血行の良い状態を保つ様にすれば、それなりに効果があるかも。
食事に取り入れる場合は、みそ汁に入れるとか、刻んでご飯を炊く時に一緒に入れるとかすると、加熱も簡単に出来る。
一昔前に流行った生姜紅茶はどうなんだろう??暖かい紅茶に入れてるけど、加熱が足りない様な気もする。
市販の乾燥生姜パウダーを紅茶に入れたりとかすれば簡単にショウガオールを摂取出来そうですね。


面倒くさいからって直接生姜パウダーを頭にふりかけたら、頭皮に生姜が詰まって痒くなるよ。
生姜の刺激って思ったよりも強いから、要注意!!