寒い。
ボロ屋に住んでいるので、暖房入れても全然寒い・・・冬はとにかく寒いんですよ。

なので、冬場はヘナをサボりがちです。
あっという間に生え際の白髪がニョッキリと伸びて来て・・・そうなると、ニット帽かぶってごまかして出勤です。

sponsored link

冬場のヘナ染めどうしてる?

冬のヘナ染めって相当気合い入れないと出来ないんだよね。
でも、寒いからとにかく面倒臭い。
夏場なら1週間に1回のペースでも苦じゃなかったんだけど、冬場は1ヶ月に1回もキツい。

だから、ニット帽出勤が続いてしまうんだけど、さすがに毎日ニット帽はまずい。
「髪洗ってないのかな?」「寝癖??」「ハゲたか???」とか思われてるかもしれないし。←自分の思っている程まわりは自分を見ていない

んで、冬場のヘナ対策で定番なのが、[足湯をしながらヘナをする]ってやつ。

もともとヘナは暖かい地域の植物なので、熱を冷ます作用があるんですよね。
ヘナをすると、体が冷えてしまうんです。
冬場にヘナ染めなんてやっちゃうと、一気に体が冷えて風邪引いちゃったりする。

なので冬場は、足湯をしたり、生姜湯を飲んだりして体を温めながらヘナ染めをするのが良い。
私は、こたつに入りながらヘナ染めしてました。

でも、最近はそれさえも面倒臭い&寒いんだよね・・・。
ヘナペーストを作って、頭に塗った時の、あのヒンヤリ感が耐えられない(><)

ということで・・・

冬場のヘナ染めは諦めた


寒いので、冬に本格的なヘナ染めするのは諦めました。

本格的なヘナ染めは春になったらにしようと思ってる。
でも、やっぱり白髪は気になるので・・・

ヘナペーストをコットンに含ませて、生え際にだけペタペタ貼る方法で冬を乗り切っています。

これが、1番簡単で寒くなくて楽ちん。頭全体を染めるのは面倒だけど、これならかなり簡単。

いつも目分量なんだけど、少量のヘナの粉に水を含ませてペースト状にして、コットンでベタッとすくう感じで、たっぷりと含ませる。
それを、前髪の生え際と、つむじにペタッとくっつけて、ダイソーで買ったピンク色のターバンをかぶって、そのまま3時間くらい放置して、普通に入浴する時に一緒に洗い流すだけ。

ヘナって一度染めた部分は、かなりしっかりと色が入っているので、夏に染めた部分も全然色落ちしてないんですよ。(多少退色してはいるけど)
だから、こうやって「髪の生え際やつむじ」を染めるだけでも、全然ごまかせる。

おまけに、これだけでも頭がスッキリするので、頭痛持ちの私には頭痛薬代わりにもなる。
特につむじ部分にヘナするとスッキリしますね。

もうね、12〜2月くらいの1番寒い時期は、これで行くことにした。
ヘナ染めをやってくれる美容室に行っても、やっぱり冬場は寒かったので、自宅でコットンを使う方法が1番良い。
てゆうか、美容室って暖房かかってて暖かいけど、足もとが寒いんだよね。ヘナすると足もとから冷えて来る。
美容室でヘナ+足湯サービスとかあったらいいのにな。

そんで、春になって暖かくなったらキッチリと染めることにします。