みなさん、「陸海空 こんな時間に地球征服するなんて」見てますか?
私はつい最近まで、この番組が流行っている事すら知りませんでした・・(Yahoo!ニュースで知った)

で、昨日動画を探して一気に見ました。


ナスD・・なかなか面白いですね。

体が真っ黒(青?)に染まってしまった事で話題になっているナスDさん。
アマゾンに暮らすシピボ族の女性たちに「美容に良い」と勧められて、身体中にウィトという得体の知れない果実を塗りたくったら・・皮膚が真っ黒に染まってしまったんです。

シピボ族の女性いわく、ウィトを髪の毛に塗るとキレイな黒髪に染まり、効果が1年間は持続するんだそうです。
確かにシピボ族の女性たちの髪の毛は真っ黒でキレイでした。

私は、ナスDよりもこのウィトの白髪染め効果に興味津々です。

sponsored link

ウィトって何なの?


画像引用元:Embodiment Temporary Tattoos

調べてみた所、ウィト(huito)はスペイン語で、日本語だとチブサノキの果実みたいです。
一般的にはジュニパーアメリカーナという名前で、ジャグアとも呼ばれています。

ジャグアタトゥーって知ってますか?
ヘナタトゥーみたいな感じで、ジュニパーアメリカーナのペーストを皮膚につけると、色がつくんです。

ヘナタトゥとの大きな違いは色味で、ヘナは赤茶色っぽい色になるんだけど、ジャグアは濃紺に染まります。
インディゴ(藍)みたいな色ですね。

ヘナタトゥーはインドからアフリカ、中東あたりで使用されていて、
ジャグアタトゥーはカリブやアマゾン地域に暮らす先住民族たちが使用している物みたいです。

このジャグアタトゥーは、日本でも取り扱ってるサロンがあるみたいだし、通販でも買う事が出来ます。

でも・・白髪染め用に売られている物は、無いみたいですね。
タトゥー用の物を買って白髪染めに試してみたい気もするけど、ナスDが「頭が痛い。熱い。目が痛い。」って繰り返していたので、ちょっと怖い(笑)

どうして白髪が染まるのか


画像引用元:vigías de paz

ジャグアは「髪の毛を染めたら、1年は取れない」って言うくらい強力な染色力で、ヘナよりも長持ちするそうです。
肌や髪の毛が染まる仕組みは、ヘナと同じくタンパク質に反応して染まるみたいですね。
ヘナもタンパク質と反応するので、ケラチンの含まれている爪や髪の毛(の白髪)が特にしっかりと染まる。


でも、番組を見ていてちょっと気になったんですよね・・

ナスDの手は、なぜか爪だけ染まっていなかった

ヘナだったら、爪がキレイに染まっちゃうんだけど・・おかしいなぁ。
ナスDの爪はケラチンで出来ていないのかなぁ。

ジャグアで白髪染めは可能なのか

今のところ、白髪染めに使えるジャグアは日本では販売されていません。
てゆうか、外国でも髪の毛に使う用途では売られていないみたいです。(私が見つけ出せなかっただけかもしれないけど)
ということは、髪の毛に使っているのは、シピボ族の女性たちだけなのかな??
外国のサイトには、「ジャグアは目以外ならばどこにでも使える」って書いてあるから、ヘナみたいに天然の白髪染めとして普及したらいいのになって思うんだけど、何か問題があるのかな。

アレルギーが出やすいっていうのはあるみたいです。
ジャグアはヘナよりもアレルギーが出る確立が高いとは言われているので・・でも、インディゴもヘナよりアレルギー出やすいけど髪染めにも使われているよね?
だから今はまだ無いけど、将来的には白髪染め用のジャグアが販売される様になるかもしれないです。

そのまま白髪に塗ると、インディゴみたいに、藍色〜紫色っぽい色味になっちゃうから、ヘナと混ぜて使えば綺麗なブラウン〜黒髪に染まるんじゃないかなぁ。
インディゴアレルギーの私は、今後のジャグア製品化に期待しています!!