信じられないくらいに茶髪が増えました…。
これは、完全に白髪の前兆です。

sponsored link

白髪になる前に茶髪になるケース

黒髪が白髪になる場合、いきなり白髪になる事もあるけど(根元からね)、徐々に色素が抜けていくケースもあるんですよね。
老化によって徐々にメラニン色素が作られなくなってくると、黒髪→茶髪→白髪へと変化していく。

そういえば、同い年の男友達でヒゲを伸ばしている人がいるのですが、28歳くらいからヒゲだけ茶髪(赤毛?)になっていき、35歳を過ぎたあたりで茶髪部分が白髪になったことがあります。
彼の場合は、かなりゆっくりと白髪に進行していったケースだと思うんだけど、髪の毛にも同様の現象が起こる事があるみたいです。

てゆうか、今現在の私がそうなのです。


こんなに茶色い。というか赤い。

もちろん、白髪の部分にヘナの色素が入って赤くなるっていうヘナの影響もあるとは思います。
でも私の白髪って、生え際や髪の毛の内側に多いので、こんなに表に出ている部分には無かったんですよ。
明らかに、黒髪の色素が抜けて来ている。

あとこの色味って、ヒゲが茶色くなってから白髪になった男友達の色味とそっくりなんですよね。
茶髪というよりも、赤っぽくて、金髪っぽく光っている部分もある感じ。

この茶髪を、一本抜いて毛根の部分を見てみると、やっぱり白髪では無く茶髪になっていた。
白髪予備軍。
コレがいずれ全部、白髪になるんだ…。


あー、やだ…。

それにしても、いきなり茶髪が増えた原因は、加齢もあるけど、ストレスも大きな原因だと思う。
去年(2017年)は、ほんっとにストレスが多すぎて、色んな所に不調が出た。

ストレスが原因かもしれない

実は、去年はストレスが原因と思われる体調不良で3回ほど病院に行きました。
今も耳鳴りが止みません…。
体がこんなになるくらいのストレスを受けているので、当然茶髪が増えたんだと思います。

茶髪っていうか、白髪も凄く増えた。
前髪めくったら、根元が白白白白白白白白白白白白白白〜。
それ見てまたストレスだわ。

ちなみに、ストレスって言うのは、仕事が忙しいからといってストレスを多く受けるというわけではありません。
周りから見たら「あの人仕事楽そうだし、ストレスなさそう〜」って思われる人の方がストレスが大きかったりもするんですよ。
寝る暇もなく働いている人よりも、引きこもりの人の方がストレスが多い事だってある。
様は個人差があるんですよ。

だから、「ストレスなんて無いはずなのに白髪増えた!!」って人は、実はストレスを受けているのに気づかないだけかも。
私自身も、特別仕事が忙しかったり、人間関係が辛い状況だったりとか、そういう訳では無いのに、2017年はストレスが多かったのです。

ストレスが多かったと言うか、それまでストレス解消の為にやっていた、ウォーキングやヨガや飲み会や買い物をしなくなったのが、原因じゃないかと思ってます。(田舎に引越したので、すべて出来なくなった。)
あと、職場でかかさずに飲んでいた漢方茶も飲まなくなったからかなぁ。ヘナもさぼっているからかなぁ。

とにかく、この勢いだとあっという間に総白髪になってしまいそうなので、どうにかしないと。