それぞれのヘナ商品には、使用説明書がついていると思いますが、いつも私がやっているヘナ使用方法をご紹介します!


これが1番効果的!!だと自分では思ってます。

sponsored link

ヘナで白髪染めする方法

▼ヘナをペースト状にしたところ
1

① まず、ヘナを適量容器に出しペースト状にしていきます。
その際、水でもいいのですが、40度程度のお湯を使うことをおススメします。
このくらいの温度が一番染色力が出ると言われています。
しかし温度を上げすぎると、染色力が落ちてしまうので、熱湯は使わない様にしましょう。

また、お湯ではなく、ぬるめの紅茶やコーヒーで溶くと色味が濃く発色されます。

【参考記事】
>>> ヘナの発色を良くする方法

▼半日寝かせたヘナ(寝かせ過ぎ・・)は、色が緑色からこげ茶色になりました
2

② ペースト状になったら、30分〜数時間は放置します。
3時間は放置した方が染色力がアップします。
一晩くらい置いておいてもOKです。
しかし、24時間以上放置すると逆に染色力は落ちていきますのでご注意!
(トリートメント効果のみを期待したいときは、放置せずに使用してください)

長時間ヘナをするつもりなら、ペーストにしてからすぐに、頭に塗ってもOKです。
(ヘナを頭に乗っけている間に染色力がアップして来るので)

▼ヘナ染めをした所

③ ヘナがいい色になってきたら、髪の毛に塗っていきます。
化学染料と違い、頭皮にも良いので、頭皮にもたっぷりと塗って大丈夫です!
クシ通りは悪いので、手で塗るのがおススメです。

※ある程度時間が経って、染色力が強くなったヘナを扱うときは、素手ではなくビニル手袋を使った方がイイですよ。
手がオレンジ色に染まっちゃうので!!逆に、ペーストにした直後なら素手でヘナを扱っても、割とすぐに落ちます。

▼ヘナが乾かない様にラップの上からタオルをしている

④ 塗り終わったら、ラップを頭に巻いて、ヘナがたれてこないようにタオルなどを巻いて、また放置します。
ここでもできるだけ長時間(できれば2.3時間。)放置したほうがイイですよ、しっかりと染まるので。

※長時間の放置は、100%ヘナ(天然のハーブが混ざっている物もOK)のものに限ります!
まれに化学薬品の混ざっているヘナもあるので、その場合は絶対に長時間放置せずに、説明書の指示に従ってください。

※天然のヘナでも、まれにアレルギー反応が出てしまう人がいるので、少しでも痒い!!とか異常を感じたら中止して下さいね。

⑤ 最後にお湯で洗い流して終わりです。
その後は、ニオイ等が気になる方はシャンプーをしてもいいのですが、ヘナをしただけでもシャンプー(洗浄)効果があります。

ヘナをするとゴワゴワする

髪の毛の痛んでいる人がヘナをすると、ゴワゴワしてしまう場合があります。
その場合は毛先を中心にリンスやトリートメント(またはオイルなど)をつけると、どうにかまとまります。

私は、ヘナの後はリンス不要のアミノ酸系シャンプーのオレンジシャンプーを使っています。
普段は洗浄力弱いな〜って感じるオレンジシャンプーも、ヘナの後はちょうど良い感じです。(普段はちょっと洗浄力が物足りない・・)
初回のお試しはかなり安いので、ぜひ試してみてね。

>>> 洗うだけで毛根から元気に!オレンジシャンプー



あとは、最後の仕上げ!!

長時間ヘナをした後は、頭皮の油分がかなり落ちてしまうので、ヘナ後は頭皮に保湿した方がいいです。
ヘアトニックとかを使っても良いし、私は普通に顔に使っている化粧水を頭皮にもつけるようにしています。

でも、つけ過ぎはベッタベタになるので、ご注意を。