ヘナでの白髪染めは、「通常の化学染料で染める場合よりも放置時間が長い」ことと「頭皮にもベッタリと塗れる」こともあり、頭皮までオレンジ色に染まってしまわないか!?と不安になりませんか!?

たしかに、長時間ヘナを放置した後、シャワーで流して鏡を見ると・・・

頭皮がオレンジ色ォオオオオオ!!!

ってなる事があります。

でも、大丈夫!!

sponsored link

頭皮は染まってもすぐに落ちます

例え頭皮がオレンジ色に染まっても、だいたい1〜2回シャンプーすれば、ほとんど落ちます。
そのままにしていても1〜2日であっという間に落ちます。

そもそも、長時間のヘナ染めをしてもそこまで頭皮は染まりません。
頭皮は皮脂分泌の盛んな場所なので油が多くあり、そのせいで頭皮は染まりにくいんです。

実際にヘナを使って染めてみるとわかるのですが、頭皮は染まってもそんなに目立たない程度だと思います。

頭皮が乾燥気味だったり、頭皮に色がつくのが気になる人は、ヘナ染めをする前にオイルを頭皮にマッサージするように刷り込むと、よりいっそう頭皮は染まりにくいです。
その際のオイルは何でも良いのですが、ココナッツオイルや椿油が頭皮にも髪の毛にも良いとされているので、おススメです。

オイルを塗り過ぎて髪の毛までベトベトにしてしまうと、白髪の染まりが悪くなってしまう気がしますが、それほど問題はありません!!
髪の毛には油がついていても、結構しっかりと染まります。

頭皮よりも、生え際やおでこの方が皮脂の分泌が少ないので、染まりやすいです。
(それも、数日で落ちるんだけど)
だから、フェイスライン〜生え際の辺りは、オイルか油分の多いクリームを塗っておいた方が良いかも。

素手でヘナ染めをしても大丈夫!?

素手でヘナ染めをすると、爪や手はヘナのオレンジ色に染まってしまいます!
頭皮に比べて油分が少ないからなんだけど、これが中々落ちないので、必ずビニル手袋などを着用することをおススメします。

最初にヘナペーストを作った時に、長時間放置すると染色力が高くなっているので、あっという間に手や爪は染まってしまいます。
(逆に、ヘナを溶いた直後なら、手や爪もそんなに染まらないので、素手で扱っても大丈夫。)

【参考記事】
>>> ヘナでの基本的な染め方

特に爪に入り込んだヘナは落ちにくいです。
かなりしっかりと染まっちゃう。
クレオパトラはヘナを使って爪を染めていたって言われているくらいなので、落ちないのは当然なんですね。


でも、ビニル手袋するとやりにくいんだよね〜・・

と思って、1度手にオイルを塗ってからヘナ染めをしてみた事があるんだけど・・・見事に染まりました。
手の平も、爪も見事にオレンジ色。

てことで、手にオイルを塗っても、無駄です。
やっぱり手と爪が染まるのを防ぐには、ビニル手袋しか無いみたいです。