ヘナ染めは適当にやっても、割としっかりと染まってくれるものなんだけど、さらに発色良く&しっかりと染めたいならば温度と時間に気をつける事が重要!!

sponsored link

ヘナの発色は温度と時間が大切

ヘナの発色を良くするには、温度と時間が重要です。

まず室温が高いがしっかりと染まり、低すぎるとなかなか色が定着しにくいです。
(ただし、ヘナを溶くときのお湯が40度以上になると、逆に染色能力が落ちてしまうので要注意です。)

冬場など室温が低い場合は、ヘナペーストを塗布したあとにサランラップなどで頭を包み、アルミのヘアキャップなどをして温度を上げて放置すると、キレイにヘナの色が入ります。
夏場も乾燥してしまわないように、やはりサランラップなどで巻いて、水分の蒸発を防いだ方が良いです。

しかし、ヘナは空気に触れると酸化して発色が良くなります。

ということで、ヘナ染めをしてしばらく(30分くらい)はラップを巻かずに放置し、そのあとにラップを巻くのがBESTです。


ちょっと面倒くさいけどね。

あと、生え際やもみあげの部分は乾燥しやすいので、コットンにヘナを多目につけて貼付けると、生え際もしっかりと染められます。

【参考記事】
>>> 【こめかみ・生え際】染まりにくい生え際までしっかり白髪染めする方法

ヘナに○○をプラスして発色を良くする

ヘナにプラスすると発色が良くなると言われている方法がいくつかあります。


個人的には色の違いなどはそこまで感じられないんですけどね・・。
でも、ヘナ特有の牧草みたいな臭いが、少しましになるので試してみる価値はあると思いますよ。

tea
紅茶
お湯の変わりに紅茶でヘナを溶くと発色が良くなるって言われてます。
紅茶で溶くと若干赤みが増す気がします。


私は通常、この紅茶を使ってヘナを溶いています。
実は紅茶には、髪の毛へのトリートメント効果や、育毛効果もあるんですよ。

coffee
コーヒー
紅茶同様にコーヒーで溶くと色味が深くなります。
個人的には紅茶よりは深い色になる気がします。
ヘナのニオイもけっこう弱まる気がします。
もちろんインスタントコーヒーでOKです。


コーヒーでカラーリングが出来る!?なんて噂もありますが、コーヒーに髪の毛が染まる成分なんて入ってるのかな??
コーヒー単品でのカラーは試した事がないので何とも言えないけど、ヘナに混ぜると発色が濃くなる気はします。

lemon
レモン汁
レモンは発色が良くなるという意見と反対に発色が薄くなる意見があるようです。
個人的にはあまり変わらない気がしますが、塗布する直前にレモン汁を入れると匂いも爽やかになり頭皮に気持ちいいので必ず入れています。

ただし、レモンには光毒性があるので、レモン汁入りのヘナをした頭のまま日光浴はしないでね(笑)

ヘナの臭い抑えるなら・・

好みのエッセンシャルオイルを数滴ヘナペーストに混ぜると、ヘナの臭いを多少は抑えられます。
私は、夏場はミントオイルやヒノキオイルを混ぜたりしてスッキリ感を出しています。

あと、人によってはヨーグルトを混ぜてヘナの臭いを和らげている人もいるみたいです。
私も一度だけヨーグルトヘナを試した事があるんだけど・・・なんか、


ゲロ臭くなったので、それ以来やってません。
(臭いの感じ方には個人差があります。)