ヘナ染めしてみたんだけど、全然髪の毛に色がつかない・・・何で??


それは、たぶん・・

黒髪だからだと思います。
白髪にヘナを使ったら赤〜オレンジ色の髪の毛になるけど、黒髪にヘナをしてもほとんど変化ないんですよ。

sponsored link

ヘナで髪色は明るくできない

colorchart

100%のヘナで髪染めをした場合、白髪は赤色〜オレンジ色に染まりますが、黒髪の場合は色は変わりません。

ヘナに脱色能力は無いのでブリーチのように髪の毛の色素を明るくは出来ないのです。
ヘナはヘアカラーではなく、ヘアマニキュアのような感じなんです。
髪の毛の色を脱色するのではなく、髪の毛に着色する作用があるということです。
だから、黒髪にヘナをしても、ほとんど髪の色は変わらないんです。

でも、太陽の下などの明るい場所では、黒髪がわずかに赤みがかって見えます。
また、髪が痛んでいる部分は、ヘナの赤み(オレンジ)が少し強めに出ます。

髪の毛の色を明るくしたい場合は、ヘナは使用せずにヘアーカラー・ブリーチ剤等で明るくするしかないです。
ヘナ染めをした後のカラーリングは、かなり難しくなるのでご注意くださいねっ!!

【参考記事】
>>> ヘナ染めした髪を明るくしたい場合

もともとヘアーカラー・ブリーチなどで脱色している髪の毛には、ヘナ独特の赤っぽい色味が強く出ます。
髪の毛全体が白髪の場合も、かなりヘナの赤が目立つと思います。

ヘナの赤い色は目立ち過ぎる・・

ヘナの赤みは、結構目立ちます。(私は好きな色味なんだけど・・)
そんなヘナの色味が不自然に感じる場合は、インディゴ(藍)を使うと自然な色味になります。

市販のヘナには、インディゴとミックスして色味を調整している商品が多く出ています。
あんまりインディゴが多すぎると真っ黒(正確には紺色かな)になってしまうので、ちょっと重たい感じの印象になりますが、インディゴを使えば丁度良い感じのブラウン系の髪の毛にすることもできます。←白髪に染めた場合ね。

また、ヘナとインディゴの混ざっている物を使った場合、最初は暗めの色になるんだけど、時間が経つとインディゴの色味が抜けてきて、最終的にはヘナの赤みが残る感じになります。
白髪染めをしたインディゴは、日が経つごとに色が抜けていくけど、ヘナは結構しぶとく残るんです。

黒髪に白髪が混ざっている場合は、白髪の部分だけにヘナの赤い色が入るので、メッシュ感覚で楽しめます。
それが目立つからイヤなんだよ!!って場合は、やはりインディゴ入りを使うと良いですよ。

また、黒髪にヘナをしても脱色はしませんが、トリートメント効果があるので、まだ白髪が気にならない黒髪の人も、是非ヘアトリートメントとして使ってみてください。
頭皮のデトックスにもなるし、頭に熱が溜まりやすい人にもオススメです。

ヘナのトリートメントは「髪の毛を強くする効果」や「育毛促進」「ツヤ髪」などの効果が期待できます。