↑濡れ烏のような髪の毛になりたい・・ということで、カラス

私には、美容系の悩みがたっくさんあります。

色白でも無いくせに、しみ・そばかすが多いとか・・
どんなに頑張ってダイエットしても、お腹のまわりがブヨブヨで遺伝検査してみたら、エリートデブ遺伝子の持ち主だったりとか・・
それでも、諦めずにヨガ教室に通ったんだけど、何故か人とポーズが違うなと思ったら、とてつもなく手足が短いからだったという事が判明したりとか(笑)

そんな私が、体型や肌以上に悩んでいるのが髪の毛です。
なんと、癖毛・薄毛・白髪三重苦を背負っています。
すべて遺伝なので、若い頃からずっと悩んでいました。
悩みながらも、ケア方法を色々と調べたり、試したりしていました。
そのおかげで、アラフォーになった今では、割と若く見られる方だと思います。

目標は、若い頃から何もしなくてもキレイ〜な、恵まれた遺伝子の女どもが、油断してケアもせずに年とってボロが出てきた所を、逆転勝ちする事です。
現在、同点くらいまで持ち込めてると思います。もう一押しです。

一般的な白髪の悩み

日本人の白髪の平均発症年齢は、男女ともに35歳前後
って言われてるけど、実際には大きな個人差があり、悩みのレベルも人それぞれで、全然違います。

  • アラサーになって白髪が増えてきたぁああ!!
  • 白髪って遺伝でしょ?治らないよね・・
  • 白髪って予防したり改善したりなんて出来んの??
  • 白髪染めって面倒だし、お金もかかる。だけど染めずにはいられないToT
  • 白髪は気になるけど薄毛も気にしてるから、白髪染めで頭皮に負担をかけたくない

↑これ、ほとんど私が悩んできた事です。
その都度、色んな事を調べたり試したりしてきました。

白髪の原因は遺伝って思われがちだけど(てか、実際それが大きいんだけど)、確実な白髪の原因やら、白髪を治す方法っていうのは、まだわかっていないんです。

白髪には遺伝的な要素やストレス、生活習慣などさまざまな要因が考えられますが、現在のところ明確なメカニズムや解消法はありません。

この辺は、薄毛とか癖毛とかも同じです。
要するに、私の三重苦はいずれも原因や解決法がハッキリしていないという状態なんですよね。

だから、気をつけないと「癖毛」「薄毛」「白髪」に関しては、怪しい商品やらも多いです。
こういった原因や解決方法のハッキリと分かっていない悩みってのは、金儲けになるんですよね。
ステマブログとかも山ほどあるので、私は何度も無駄な金を使っちゃいましたよ・・トホホ

てな事で、このブログでは私の実体験を元に、白髪について調べた事や、分かった事、主に民間の改善法なんかを綴っていきたいと思います。
当然だけど、「私には効果があったけど、あなたには効果がない」とか「私には無意味だったけど、あなたには効果絶大」って事もはあると思いますので、あくまでも個人の体験談ブログとしてお読み下さいあそばせ〜ボンソワー

白髪染めの種類

白髪があったら染めるのが、1番の対処法。
ただ、「白髪染め」と言っても、色んな種類があります。

【一般的な白髪染め】

一般的な「白髪染め」と呼ばれるものは美容室などでも使われている薬剤タイプで、染色力もあり仕上がりも美しい反面、頭皮や毛髪へのダメージや、人体への有害成分が気になるといったデメリットがある。

こういった一般的な「白髪染め」は、自宅で染められる物も売られていて、ドラッグストアなどで気軽に買えます。
以前は自分1人では中々キレイに全体を染められなかったんだけど、最近の「白髪染め」は進化していて、泡タイプやクリームタイプなど、簡単・キレイに染められる物も増えてきました。
こうしたケミカル系の「白髪染め」は、ヘナなどの天然成分では出せないキレイな色味や、カラーリング(脱色)も出来ると言ったメリットもあります。

個人的には市販の「白髪染め」は使いたく無いんだけど・・、あえて使うとしたら私のおススメは、ウエラやロレアルなどの多少高くても美容室でも使われているメーカーがイイ。
理由は、友人の美容師がそう言ってたから(笑)でも、確かに自分で使ってみた感じも、良かったです。(安物は気をつけないと悲惨な事になる)
※普段からヘナを使用している場合は、どんな薬剤を使っても脱色が難しく、髪色を明るくする事が困難なので、美容院に行って相談してね。

【トリートメントタイプ】

「ケミカルな白髪染めには抵抗があるけど、ヘナは面倒・・」もしくは、「髪色を明るく出来ないのは困る」
という人には、気軽に使えて地肌にも比較的優しい「トリートメントタイプ」の白髪染めが向いています。
色々なメーカーから販売されていて、最近ではドラッグストアでも買える物が多い。
ただ、この「トリートメントタイプ」の白髪染めはステマが多すぎて、何が何だかわからない状態(笑)
けっこう高い商品が多いので、ちゃんとしたレビューを見極めて購入しよう。

【ヘナ】

最後に、私が今現在使っている白髪染めが「ヘナ」です。
ヘナは単品だと、白髪はオレンジ〜赤っぽい色に染まります。
茶色っぽく仕上げたい場合は、インディゴ(藍)を一緒につかったりします。

「ヘナ」は染色力の強い植物なのですが、だからと言って安全なものとも言い切れません。
アレルギーがある人もいるので必ず、使用前にはパッチテストをしたり、あとは購入する前に原材料をしっかりとチェックして下さい。
なんと、ケミカル入りの「ヘナ」という物も売られているので・・(美容院でのヘナにも100%植物性の所と、ケミカル入りの所があります)

実は私、インディゴアレルギーが少しあります(T0T)
最初は何ともなかったのに、最近なんか痒くなるので、インディゴアレルギーが発症したみたいなのです。
ヘナよりも、インディゴにアレルギー反応が起こる人の方が多いみたいです。
なので、最近はヘナ100%で染めています。

高い物ではウン千円から〜安い物では100均でも買えたりするくらい、「ヘナ」の値段はピンキリです。
私はナイアードの「ヘナ」が使う事が多いです。品質が安定していて、値段も100gで1,000円程度なので。

【その他の白髪染め】

マスカラタイプの白髪染めとかもあります。
このタイプはだいたいシャンプーで落とせるタイプで、生え際にちょこっと現れた白髪を隠す時に使ったりします。
使う度にだんだん染まっていくって言うタイプもあるけど、そんなに染まらない(笑)
そもそも、私はマスカラタイプの白髪染めで使いやすい商品にまだ出会っていないので、今は使ってません。

おすすめ記事

まとめ白髪に悩み過ぎて白髪どころかついには10円ハゲまで出来た私の白髪対策

前にも書いてるけど白髪の原因っていうのは、正確には分かっていないのが現状。
いちおう「遺伝的な要素やストレス、生活習慣などさまざまな要因が原因となっている。」って・・・

ヘナを溶かす【ヘナで白髪染め】ヘナでの基本的な染め方を紹介します

100%のヘナで髪染めをした場合、白髪はオレンジ色に染まりますが、黒髪の場合は色は変わりません。ヘナに脱色能力は無いのでブリーチのように髪の毛の色素を明るくは出来ないのです。・・・

カラーチャート【黒髪にヘナ染め】ヘナに脱色能力は無いので、黒髪は明るくならない

それぞれのヘナ商品にも説明書はついていますが、一番効果的な方法をご紹介します!・・・